住宅ローン審査に通らない

 

住宅ローン審査が通るには?

住宅を買うときには、大体の人が住宅ローンを組む事を考えるでしょう。そして、この住宅ローンを借りるには、当然、審査というものがあります。では、この審査に通るにはどうしたらよいのでしょうか?

 

審査の対象になるのは、「年齢」「勤務先」「勤務年数」「勤務状態」「年収」「健康状態」等です。それに加えて大切なのが、「信用情報」になります。

 

この信用情報とは何かというと、今までの借り入れ記録の事です。すなわち、現在借り入れを行っているか?滞納はないか?以前に滞納した記録はないか?ですね。もし、自分が嘘を言ったとしても、記録として残っていますから、クレジットカードの使用などもきちんと申し出ておきましょう。

 

借入額も大切ですが、それ以上に大切なのは以前に滞納がないかという事です。また、他に借り入れがあると、住宅ローンの借入金額を減らされてしまう可能性もあります。勤務先に関しては、それなりに安定性があり、社会的信用の高い会社であれば問題はないでしょう。

 

勤務年数は長ければ長いほど有利になるようです。最低でも3年はあった方がいいと思われます。気になる年収については、世帯の年収が最低でも300万前後と設定している銀行が少なくないようです。

 

健康状況(保険に加入できる状態か)も重要ですし、ローンを組める期間や年齢によっても、借り入れできる金額は変化してきます。実際には、自分が健康で、安定性がある会社に長期間勤めており、300万ぐらいの年収があって、他に借り入れを行っていなければ、審査に通りやすいと言えるでしょう。

借り換えする?それとも繰り上げ返済する?

住宅ローンは、一般人に取って大きな負担となる借金です。借入額が大きいため、たった1%の金利の違いが最終的には何百万もの違いを生み出します。また、それは借入元金の残高も同じことで、同じ金利でも借入残金の違いは大きな価格差を生み出します。

 

多くの場合は固定金利で住宅ローンを組むことが多いですが、固定金利の期間が切れた3年後、その時の金利がもし上昇していたら、住宅ローンの金利も当然、上昇してしまいます。このような場合に、資金繰りに余裕があったら、借入元金の残高を減らすための繰り上げ返済などを行うと、最終的な支払額を大きく抑えることも可能になります。

 

ただし、繰り上げ返済する際に手数料を取る金融機関も少なくないのが現状です。傾向的には、繰上手数料無料化の方向に進みつつあり、フラット35のように手数料が無料の住宅ローンも存在していますが、今のところはまだ、手数料がかかる金融機関の方が多いでしょう。

 

繰り上げ返済には、期間短縮型といって月々の返済価格を変えずに、支払い期間を短縮する方法と、返済額軽減型といって支払い期間を変えずに、月々の返済額を減らす方法があります。

 

これとは別に、ローンの借り換えという手段もありますね。タイミング的には、金利改定期や短期固定金利の期間終了、金利優遇期間終了にあわせて見直しを行うことが推奨されています。必ずしも得になるとは限らないため、様々な金融機関の商品を比較検討し、試算シミュレーションによって、借り換えが有利な場合にのみ、行うようにしましょう。

住宅ローンのメリット・デメリットについて

住宅を購入する際、ほとんどの人は住宅ローンを利用すると思います。それでは、住宅ローンを利用する際のメリット、デメリットにはどんなものがあるでしょう。まず、住宅ローンを利用するメリット。これはなんと言っても、現金が無くても住宅がすぐに手に入ってしまうと言う事です。住宅を購入するには、かなりの金額が必要となります。

 

けれど、購入資金が貯まるのを待っていると、いつ住宅が購入出来るかわかりませんね。住宅ローンを利用する事で、多少の頭金さえあれば欲しい住宅を即購入する事が出来るのです。また、住宅ローンには、「住宅借入金等特別控除」、一般的には、「住宅ローン控除」と呼ばれているお得な制度があります。

 

これは、住宅ローンを利用した際に、所得税や住民税から一定の金額が控除される制度です。本来なら現金で購入出来る貯金があっても、節税の為に住宅ローンを組む人もいるようです。次に、住宅ローンを利用するデメリット。それは、ズバリ、「金利」です。

 

ローンを借りると、当然ですが、金利の負担が発生します。現在は低金利でそんなに負担に感じていないとしても、今後景気が回復するにつれて金利も上昇する事が予想されます。その際に、金利が重荷となって返済額が思ってもいなかった金額にハネ上がってしまう可能性があるのです。

 

また、住宅ローンを利用する事で住宅が手に入ったとしても、なんらかの事情でその住宅を手放す事も考えられます。その際、売却した金額が購入した値段よりも安くなってしまう可能性もあるでしょう。

住宅ローン乗り換え